京都北山のスペシャルティコーヒー専門ショップサーカスコーヒー > コーヒー豆について > コスタリカラロッサ農園

coffee

コーヒー豆について

コスタリカ ラロッサ農園 

 

〜シルビアさんの願いを形に〜

コスタリカラロッサ農園

サーカスコーヒーのアイテムの中では、浅煎りのコーヒーでクリアーで心地よいまろやかな甘みのある味わいです。

オープンするにあたって、取り扱う生豆の選定をしていました。
その中で、ラロッサ農園のシルビアさんの農園運営に対する従業員や環境に関する考え方にすごく共感して、絶対このコーヒーを飲んで、多くの人に同じように共感してもらいたいと採用しました。

 

ラロッサ農園は、セントラルバレーのサンラファエル・デ・エレディア地区に位置しており、農園が火山土壌であるため栄養をたっぷり吸収した色艶の良いチェリーが育っています。

彼らがマイクロミル(小規模の精製工場 いわば農協にあるコーヒーチェリーから生豆に加工する小規模処理施設)を始めたきっかけは、自営農園を後世まで続けられる環境を整えることでした。その目的のために最新技術を導入し、チェリーを最も効率良く精製出来るように整備しました。環境への配慮も万全で、精製に使用した水は家畜の放牧地に散水し、肥料として活用しています。

コスタリカラロッサ農園のマイクロミル コスタリカラロッサ農園牧草地

 

従業員への教育も徹底しており、完熟したチェリーだけを手摘みするのはもちろん、豆一粒一粒がしっかりと乾燥されているかも厳しくチェックされています。

 

農園主シルビアさんの理念は「トップクオリティのコーヒーを楽しんでもらうだけでなく、労働者がポジティブな社会的影響を担う」ことなので、生産現場の幸せにもしっかりと目を向けています。

コスタリカラロッサ農園

 

ラロッサ農園は、カップ・オブ・エクセレンスにも入賞実績があり、2008年に28位に入賞しています。2011年は、ナショナル・ウィナー(国内審査は通過したが、国際審査で選ばれなかったもの)に入賞し、コンスタントにハイクオリティなコーヒーを作れる環境にあることが証明されています。

 

 

コスタリカ ラロッサ農園

コスタリカラロッサ農園〜シルビアさんの願いを形に〜

浅煎りライトタイプ

まろやかさっぱりとした味わいです。

600円/100g
580円/200g以上
550円/500g以上(税抜価格)